<< 2009秋 四国旅行1 〜小豆島〜 | main | 2009秋 四国旅行3 〜道後温泉〜 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2017.06.01 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    2009秋 四国旅行2 〜琴平〜

    0

       四国旅行2日目です。この日は朝から生憎の雨模様。(ーー;)
      前日宿泊した小豆島から、再度フェリーに乗り込み、四国は香川県の高松港へ向かいました。
      金比羅001
      さようなら小豆島です。またいつか再訪出来るかな。。。
      さて高松と言えば讃岐うどんの本場。当然ながらお昼は讃岐うどん店でうどんを!ガイドブック片手に車を走らせ、まずは1軒目の「池上製麺」を目指しました。
      店内でうどんを注文し、ズラリ並んだ天麩羅の中から、ちくわ天を選び、生卵を入れてもらいました。これで300円。安いです。
      金比羅002
      醤油をかけていわゆるぶっかけうどんですね。熱々の麺に玉子が絡み、美味しいです。
      金比羅003
      シンプルですが、麺が美味しいのでツルツルと胃の中へ。
      2軒目は讃岐うどん店の中でも屈指の人気店、「山越うどん」さんに向かいました。その名の通り一山越える、までは行きませんが、1軒目からかなり田舎道を走り、ようやく到着。お昼時でしたが、なにせ平日。土日は大行列が出来る人気店ですが、なんとか並ばずに店内に。ラッキーです。
      金比羅004
      迷わず釜玉うどんを注文。熱々の麺に生卵を入れ、麺をかき混ぜると、麺表面の熱で玉子がスクランブルエッグのように半煮状態になります。これに魚フライ、ちくわ天を追加。これで400円。安いです。
      金比羅005
      平日でしたが、さすが人気店。席は8割方埋まり、次々にお客さんが押し寄せてきます。
      麺のコシが抜群ですね〜。このコシは他では味わえませんね〜!(^^)!2杯連続で食べて、そろそろお腹も8分目ですが、3軒目目指して山越うどんを後にしました。
      3軒目は少し毛色の違う店をチョイス。「小縣家」さんです。
      金比羅006
      ここのうどんは注文すると大根がドーンと付いてくるので、自分で大根を好きなだけ摩り下ろして、麺に載せて頂く事が出来ます。
      2食分連続で食べた後なので、この大根おろしの麺は新鮮ですね。
      金比羅007
      大根おろしと醤油をぶっかけて、あっさりうどんを頂きました。麺のコシも先に食べた2軒と引けを取りません。美味しいです。
      讃岐うどんを3食平らげ、本日のメインイベント、「こんぴら」さんへ向かいました。
      讃岐平野を望む象頭山に立つ金比羅宮は、五穀豊穣や海上安全にご利益があるとされ、四国一の文化財の宝庫でもあります。
      まずは車を駐車場に停めて、土産物通りを移動。
      金比羅008
      饅頭、じゃこ店等のお店が軒を連ねています。平日と生憎の雨で人もまばら。土産物店も暇そうです。
      ここから石段が始まります。金比羅宮の御本宮までは石段が785段。ここがスタート地点です。
      金比羅009
      石段の左右には沢山の土産物店が軒を連ねています。
      金比羅010
      石段昇りが辛い年配の方には、籠での送迎もあります。もちろん有料ですが。
      この鳥居を抜けるといよいよ土産物店もなくなり、石畳と石段が続きます。
      金比羅011
      ここでハイポーズ。石段の傾斜がきつくなってきます。
      金比羅012
      また鳥居が見えてきました。雨で足元が滑りそうです。参拝客もまばらです。
      金比羅013
      途中、こんなところも。桜の馬場です。神馬です。綺麗な白馬ですね。人が近づいても驚かないです。おとなしいです。
      629段を通過。ここには「旭社」があります。約40年の歳月をかけて完成したそうで、重厚な造りに圧倒されます。
      金比羅014
      あと残すところ150段強。すでに息はゼイゼイ、汗はたらたらですが、雨模様で気温が低いのが幸いです。
      金比羅015
      御本宮に到着。30分弱の道のりでしょうか。本宮で参拝してお守りを購入しました。天気が悪い為、景色を一望することは出来ませんでしたが、石段を登りきった高揚感と爽快感で一杯です。
      下り500段のところには、最近オープンした素敵なカフェがあるそうで、ここでコーヒーブレイクを。
      金比羅016
      「神椿」さんです。1Fはセルフスタイルのカフェ。地下1Fはレストランです。時間が遅かったので、セルフスタイルのカフェのみしか営業していませんでした。
      私はパフェ、妻はあんみつを注文。疲れた身体に甘いものは良いですね〜。美味しかったです。
      金比羅017
      金比羅宮を後にした私達は、今宵の宿泊先へ。と言っても今晩の宿泊先は、金比羅宮から徒歩5分程度のところにある「琴平花壇」さんです。最近リニューアルして露天風呂付き個室を増設した巨大旅館です。
      金比羅018
      館内にはこんな素敵なラウンジもあります。
      金比羅019
      私達が宿泊した部屋です。露天風呂付きの洋室です。ソファでくつろいで大画面TVを鑑賞出来ます。
      金比羅020
      早速くつろぐ妻。
      ベッド式なので、夕食の前に一眠りも可能です。
      金比羅021
      汗だくだったので、早速大浴場へ移動です。
      金比羅022
      男湯と女湯は翌朝入れ替わるそうで、温泉入口には冷たいお茶がサービスで頂けるスペースもあります。
      これが内湯。大き目の浴槽で、大きな窓が開放的です。
      金比羅023
      内湯の奥にある扉を開けて、露天風呂へ。目の前には竹林が見えます。
      金比羅024
      これが男湯の内湯です。
      金比羅025
      内湯の奥にはもちろん露天風呂がありますよ。
      金比羅026
      無色透明のお湯です。やや消毒液の臭いが気になりますね〜。
      館内には足湯のスペースもあります。タオルも用意してあり、足湯を堪能できます。
      金比羅027
      部屋付きの露天風呂です。自分でお湯を張り、好きな時に入浴可能です。壁にはTVが据え付けてあります。
      金比羅028
      お楽しみの夕食。食事処で頂ききました。
      これは前菜です。
      金比羅029
      ステーキもついてます。お肉が美味しいです。
      金比羅030
      食後のデザートはロールケーキとキウイ。もうお腹一杯です。ご馳走様でした。
      金比羅031
      翌朝はようやくの晴天。
      食事処で朝食を頂きました。品数豊富で食べきれないです。
      金比羅032
      生憎の雨模様の中、目的の讃岐うどん店巡りと金比羅宮参拝が無事出来ました。3日目の宿泊地である愛媛県へいざ出発です。



      スポンサーサイト

      0

        • 2017.06.01 Thursday
        • -
        • 06:33
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座