<< 岐阜長良川温泉 十八楼に宿泊しました | main | 魔術師<イリュージョニスト>  J・ディーヴァー著 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2017.06.01 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    石の猿  J・ディーヴァー著

    0
       石の猿

      四肢麻痺の科学捜査間リンカーム・ライム・シリーズの第4作目を読み終えました。今回の敵は、中国マフィア蛇頭(スネークヘッド)の殺し屋、ゴースト。その名の通り、神出鬼没、正体不明の殺人鬼です。中国の密航者を乗せた船がNY近郊の海で転覆します。そこには中国に政治亡命を図った数組の家族と、乗組員、そして殺し屋ゴーストが乗船していました。難破船から逃げ延びた密航者全員を抹殺するのがゴーストの目的で、リンカーン建ちは移民帰化局と共同で、ゴースト逮捕に奔走します。密航者に混じってゴースト逮捕に命を掛ける中国人刑事ソニー・リーの協力も得て、ゴーストとチーム・リンカーンの熾烈な戦いがテーマとなっています。

      もちろん本作でも、いつものメンバーが登場しています。殺し屋との戦いは、第2作目の「コフィンダンサー」と類似していますが、ターゲットとなる密航者の人数が多いのと、なぜわざわざ中国から米国に密航させ、密入国寸前で全員を殺さなければならないのか?その目的が本作の重要な鍵となります。そして今回登場する中国人刑事ソニー・リーが、物語の重要なファクターとなっています。残念ながら本作でゴーストに殺されてしまいますが、1作だけの登場ではなんとももったいない程の存在感です。

      本作も最後までハラハラドキドキの展開が続きますが、ドンデン返し度では、前3作からやや控えめとなっていますが、十分楽しめるエンターテイメント作となっています。



      スポンサーサイト

      0

        • 2017.06.01 Thursday
        • -
        • 16:20
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座