<< 魔術師<イリュージョニスト>  J・ディーヴァー著 | main | いちご狩り >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2017.06.01 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    12番目のカード / J・ディーヴァー著

    0
       12番目のカード

      2番目のカード / J・ディーヴァー著

      リンカーン・ライム・シリーズも6作目。Storyは、NYのハーレムの高校に通う16歳の少女ジェニーヴァが、博物館で謎の男に襲われそうになるが、本人の機転により危うく難を逃れる。現場にはレイプ道具と、タロットカードが残されている。強姦未遂事件と思い捜査を始めたライムとサックス達。その後も殺し屋に命を狙われるジェニーヴァ。犯人の動機は何なのか?そして140年前に存在した、ジェニーヴァの先祖である解放奴隷チャールズ・シングルトンが関係している事実が・・・。

      過去の遺物とも言える隠された真実。そして偶然にもその真実に近づいた少女が、命を狙われる。う〜ん、本作は今までのジェットコースター式の追いつ追われつの展開に、何ともミステリアスなスパイスが加わった、濃厚な作品になっています。6作目ともなるとマンネリ感が漂ってきてもおかしくはありませんが、そのあたりはJ・ディーヴァーさん、流石ですね。犯人も無事逮捕し、事件は終息を迎えたかに見えたところで、最後にはお約束のドンデン返しが待っています。また、1作目からライムとタッグを組んで捜査に携っていたロン・セリットー警部補が、目の前で犯人の銃弾に倒れる被害者を目の当たりにして、臆病風に吹かれたり、そんなセリットーを影で助けるアメリアの姿が微笑ましかったりと、小さなエピソードも楽しませてくれます。さて、次はリンカーン・ライム・シリーズ最高傑作の誉れ高い、「ウォッチメイカー」を読む予定です。



      スポンサーサイト

      0

        • 2017.06.01 Thursday
        • -
        • 17:01
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座