<< 豊田市 猿投温泉 金泉閣に宿泊しました | main | 喫茶マウンテン @名古屋市 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2017.06.01 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ソウル・コレクター J・ディーヴァー著

    0
       ソウルコレクター

      リンカーン・ライム・シリーズ8作目を読了。いよいよライム・シリーズも残り1作となりました。今回の敵は、パソコンやネットワークを駆使して他人のいろいろな記録を改竄、パーソナルデータを盗み出し、全く関係の無い第三者に殺人の汚名を着せる、狡猾で抜け目の無いサイバー殺人鬼。Story10年以上音信普通になっていたリンカーンの従兄弟、アーサー・ライムが無実の罪(殺人)の冤罪で逮捕され、アーサーの妻がライムの元に、夫の無実を証明し、助けて欲しいと懇願するところから始まります。リンカーンはパートナーであるアメリア・サックスや、NY市警のロン・セリットー、ロナルド・プラスキーを始めとするリンカーン・チームを召集。事件の解明に取り組みます。捜査段階で事件の背景に、世の中に存在するあらゆる電子化されたデータを掘り起こし、分類、解析する巨大リサーチ会社の存在が浮上してきます。鉄壁なセキュリティに守られたデータを利用、悪用し、次々と犯行を重ねる犯人。そして犯人の仕組んだ罠は、リンカーン・チームのアメリアやプラスキー、セリットーに襲い掛かります・・・・。

      原題BROKEN WINDOWS「割れた窓」の邦題「ソウル・コレクター」を、著者であるJ・ディーヴァー氏、自らが考えたそうで、かなりの意欲作のようですね。それにしても電子化された現代社会のもろさを痛感させられる内容ですね。個人情報保護なんてあったもんじゃないですね。個人データが高く売り買いされたり、データが犯罪に使用されたりする現代社会の問題に鋭くメスを入れた作品ではないでしょうか。

       それにしてもリンカーン・ライム・シリーズ8作目にして、唐突に出現したアーサーという従兄弟や、学生時代のエピソードが出てきたりと、作品全体の幅が増してきたような気がしますね。そしてリンカーンを影で支える介護士のトムのファミリー・ネーム(トム・レストン)が初めて明かされたり、プラスキーがマイクロソフトのExcelを知らなくて、捜査中に恥をかかされたりと、思わず微笑みたくなるエヒソードが満載で、ファンとしてはかなり楽しめる作品となっています。ドンデン返しも今回は少し大人し目なのが少し残念ですが。

       



      スポンサーサイト

      0

        • 2017.06.01 Thursday
        • -
        • 16:56
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座