<< 旬彩京肴いっこく | main | カフェテラス・ダッカ >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2017.06.01 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    アメイジング・スパイダーマン2

    0
      スパイダーマン2

      「アメイジング・スパイダーマン2」のStoryと感想です。

      まずはStory。ピーターは、前作で亡くなった恋人グウェン・ステイシーの父の言葉を気にしながら、恋人グウェンとの付き合い、そしてスパイダーマンとして街の悪を退治する日々を送っていた。そして街のトラブルで偶然居合わせた、オズコープ社で働く設計士マックスを助けた事で、マックスの異常なまでの羨望を受けていた。(ピーター本人は気がついていない)

      そんな中、幼馴染の旧友であるハリー・オズボーンがニューヨークに戻ってくる。彼はオズコープ社の創設者である父を病気で失い、巨大企業の舵取りを任されていたが、オズボーン家伝統の「呪い」とも言うべき病に罹り、死が目前と迫っていた。

      そしてマックスは悲劇的な事故により、電気を自在に操る事が出来るモンスター、エレクトロに変貌。ハリーは自らが生き残るために可能性を追い求め、スパイダーマンのDNAを求め、スパイダーマンに断られた事から精神に異常をきたし、グリーン・ゴブリンと化し、スパイダーマンへの復習を誓う・・・。

      今回は悪役(ヴィラン)がなんと3人も登場。エレクトロ、グリーン・ゴブリンそしてライノ。恋人グウェンとのエピソードもあり、ピーターの両親の謎に迫るエピソード、旧友であるハリーとのエピソードもあり、映画2本分のボリュームがあります。その関係で上映時間が長い(2時間23分)。正直詰め込みすぎの感がありますね。もちろんヴィランとのバトルは前作を上回るビジュアルで迫力満点。いろいろなエピソードが絡んだクライマックスは見応えがありますが、ここまで詰め込んだら、食べ過ぎでお腹一杯になりますね。前シリーズ(サム・ライミ監督)の「3」もこんな感じでしたね。正直目がくらむようなスピーディーな展開に、食傷気味となった私としては、今回もかなりの満腹感を感じました。

      気が早いですが、第3作と第4作の製作もいち早く発表され、キャスト陣の続投も囁かれています。新ヒロインはメリー・ジェーンでしょうか。楽しみではありますが、次作はピーターの内面を掘り下げて、物語に深みを出して欲しいですね。


       


      スポンサーサイト

      0

        • 2017.06.01 Thursday
        • -
        • 16:38
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座