<< ゴースト・スナイパー  J・ディーヴァー | main | 2015夏休み旅行 1日目 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2017.06.01 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    マッド・マックス 怒りのデスロード(MAD MAX FURY ROAD)

    0
      MAD MAX

      今年の夏は、洋画の超大作、話題作の公開が目白押しですね。そのオープニングとも言える、「マッド・マックス 怒りのデスロード」原題(MAD MAX FURY ROAD)を観てきました。「マッド・マックス サンダードーム」公開から27年振りに作製された4作目で、内容的には「マッド・マックス2」の再構築的な内容になっています。

      物語の舞台は核戦争後の荒廃した世界。枯渇した資源(特に石油)を求めて、弱肉強食の時代となっています。マックスはそんな時代をアテもなく流浪する世捨て人。目の前で殺された妻子の亡霊に怯えながら、砂漠と化した荒野を彷徨っています。そんなマックスをイモータン・ジョー率いる暴走軍団が襲い、愛車インターセプターは奪われ、マックスは捕虜として囚われの身に。イモータン・ジョーは地下から水が湧き出るシタデルという岩石の要塞を牛耳るボスで、水と農作物で人民を支配する狂信者であった。ジョーの右腕的存在である女大隊長、フュリオサが反乱を起こし、ジョーの後継者を出産するために囲われている子産み女達を引き連れ、タンクローリーを改造した戦闘車両ウォー・リグを駆ってフュリオサ出生の地「緑の地」を目指す。フュリオサの裏切りを知ったイモータン・ジョーは、配下のウォーボーイズ達を引き連れ、フュリオサ追走を始める。ウォーボーイズとウォー・リグの激突に乗じて手足の拘束を解いたマックスは、フュリオサとの格闘の末、自らもウォー・リグに同乗し、「緑の地」を目指す事に。果たしてマックス達は無事生き延びる事ができるのか・・・・。

      いや〜凄い迫力ですね。CG全盛の時代に敢えて実写映像に拘って撮りあげただけあって、手に汗握るカーバトルが全編を通して展開しています。Storyは単純なので、ひたすら繰り広げられるバトルを楽しむ事ができます。イモータン・ジョー率いる軍団の改造車両がド派手でごっついです。カーバトルというよりは、改造車両同士の騎馬戦っといった感じです。そしてフュリオサ役のシャーリズ・セロンの迫力が凄く、マックス役のトム・ハーディの存在感を凌駕しています。見終わった後にドッと疲れが来ますが、ラストはマックス達が勝利を収め、フュリオサがイモータン・ジョー亡き後のシタデルを統治する、ハッピーエンドで終わるので爽快ですね。この夏イチオシの映画ですね。



      スポンサーサイト

      0

        • 2017.06.01 Thursday
        • -
        • 13:40
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << August 2018 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座