最近訪問した食事処・・・・2

0

    最近訪問した食事処を紹介します。

     

    名古屋市緑区鳴海町にある、「カフェレスト なるみ」さん。

     

    なるみ01

     

    ハンバーグが美味しいとの噂を聞いたので、行ってきました。

    お昼時だったので、店内はほぼ満席・・・・。なんとか1つテーブルの空きがあったので、助かりました。

     

    これがメニュー。

    なるみ02

    メニューはとても豊富です。今回は噂に聞いた、粗挽きハンバーグをオーダー。

     

    なるみ03

     

    ハンバーグ、かなりのボリュームです。

    付きあわせは、赤出汁に沢庵。なんだかほっとしますね。

     

    なるみ04

     

    ハンバーグは、かなり粗挽きです。やや固めですが、歯応えがあって、食べごたえありますね。

    厚切りのポテトとコーンのトッピングも私好みで美味しかったです。

    また再訪したいですね。

     

    次は、久しぶりの、「カフェレスト舞子」さん。豊田市です。

    以前、訪問した時から気になっていたメニューを頂きました。

     

    舞子01

     

    その名も、「進撃の巨人丼」!

    なんと丼の中は、トンカツ、エビフライ、唐揚げ!フライの王者、3品がそろい踏み!

    量も凄いです。

     

    舞子02

    横から見るとこんな感じ。

    写真だと、実物の凄さがあまり伝わりませんね・・・・。

    舞子04

    なんとかほぼ、食べ終えました・・・。お腹が破裂しそうです。

     

    最後はあんかけスパで有名な、「ヨコイ」さん。

    名駅のJPタワーの地下にある「ヨコイ」さんでスパゲティを食べました。

     

    ヨコイ01

     

    結構、混み合ってます。

    ヨコイ02

     

    うーん、なんだか見た目、懐かしい、レトロな雰囲気のスパですね。

    これだけ有名なあんかけスパですが、食べるの実は初めてでした。

    ヨコイ03

     

    あんかけとスパって、以外に合うんですね。美味しかったです。



    最近訪問した食事処・・・

    0

      ここ最近、訪問した食事処をまとめてUP。

      まずは、岐阜県にあるデカ盛りの聖地、「みのや食堂」さん。2度目の訪問です。

       

      みのや食堂04

      今回はオムライスを頂きました。写真では実物の迫力が伝わりにくいですが、かなりのボリュームです。今回はたまたま店内で別の席に座って食べていた常連風のお客さんがオーダーしていた裏メニューのオムライス味噌ダレかけを頂きました。

       

       

      みのやオムライス

      美味しいです。ケチャップライスが素朴で、味噌ダレ濃厚で、最後まで飽きずに食べれましたが、さすがに量が多いので、食べ終えた後は満腹度MAXで、その後、車の運転が危険な程でした。

      次は「和食麺処サガミ」さん。愛知県人なら誰もが知るメジャー和食処ですね。7/20から8/8までの20日間、開催されていた「ざるそば祭」でざるそばの食べ放題にチャレンジしました。

       

       

       

      さがみ01

      妻と私でまずは3枚ずつオーダー。食べた感覚からすると、3枚で通常のざるそば一人前程度でしょうか。これなら15枚(5人前換算)行けそう!

       

       

      さがみ02

      と意気込んではみたものの、12枚が限界でした。ざるそばの宿命ですが、食べ進むうちにツユが薄くなり、徳利に入ったツユも最後は無くなり、そばを食べるのが困難になって来ますねえ。

       

       

      さがみ03

      ツユの追加はできるのか謎ですが、再度チャレンジしたいですね。(毎月末日、ざるそば食べ放題、開催されてるし・・・)

      次は自宅から車で5分程度のところにある喫茶店「カーメル」さんでランチタイムに「メガカレー」を頂きました。前からメニューに載ってて気になってたので、チャレンジしました。

       

      カーメル01

      カレーの上には唐揚げ、エビフライ、コロッケ、フランクフルトがトッピングされた豪華カレーです。ご飯も結構な量があり、カレールーも食べやすい辛さでどんどん胃に流し込みましたが、トッピング類にかなり苦戦しました。

       

       

      カーメル02

      最後に残った唐揚げを頂き、なんとか完食。ごちそう様でした。

      最後はお盆休み中の8/16に行ってきました、西日本のデカ盛の聖地と呼ばれる、滋賀県の「美富士食堂」さん。

       

       

      みふじ01

      JRの膳所駅(ぜぜと読みます)改札を出るとすぐ目の前にある、黄色と緑のストライプ看板が目印のお店です。

       

       

      みふじ02

      デカ盛の特集でTVで取り上げられたり、デカ盛紹介サイトでもいろいろな書き込みがされていて、訪問する前から期待と不安が交錯していました。

      かなり年季の入った店内です。

       

       

      みふじ03

      店内の壁沿いには無数のメニューが所狭しと貼られ、見るのも困難な状況。あらかじめ甥っ子と妻と私はオーダーするものを決めていたので、すんなりと注文できました。店内は店主1人で切り盛りしているため、客側がいろいろと気を遣わないとイケない雰囲気が漂っていますね。

       

      みふじ04

      私はカツ丼、妻はざるそば、甥っ子は焼きそばをオーダー。

      まずはざるそばが運ばれてきました。かき氷が麺の上に豪快に載っています。

       

       

      みふじ05

       

       

      みふじ06

      三人で手分けして食べ進むうち、私が注文したカツ丼が到着。

       

       

      みふじ07

      大盛りにしなかったので、この大きさ。意外とこれならいけそうです。これも3人でシェア。

      最後に焼きそばが到着。

       

       

      みふじ08

      オーダーしてからこの時点で約1時間経過。焼きそばも何とか3人でシェアして、全てのオーダー品を完食。

       

       

      みふじ09

       

      3品とも並盛りでオーダーしたので、何とか食べることが出来ました。「なんだ〜何てことないじゃん!」なんて一瞬思いましたが、その感想は次回訪れる機会があれば、大盛りに挑戦して、その後コメントしようと思います。

       

      みふじ10

      私たちが店内に居た1時間20分くらいの間に、ドンドンと客が入店し、店主の顔色が怖くなって来たところで、店を出ました。

       



      とんちゃんや ふじ @名古屋市大須

      0
        (2016/4/16)以前から気になっていた、名古屋の大須にある「とんちゃん」の名店、「とんちゃんやふじ」さんに行って来ました。
        以前、一度チャレンジで行ってみましたが、その時は店の前に並んでた大量の待ち人に圧倒され、あえなく撃沈されました。

        今回は気合を入れて、自宅を午前中に出発。名古屋でショッピングをし、大須の「ふじ」さんの店舗前にある、コインパーキングに到着したのが、15:20。事前のネットの書き込みで入手していた情報によると、16:00頃に店舗前に、入店予約の用紙が現れるそうで、早めに到着して待機することに。

        それでも車内で待つのも時間が長いので、大須商店街をぶらぶら散策。16時過ぎに「ふじ」さんの店舗前に戻ってみると、あるある、、、予約とういか、順番待ちの用紙が!

        ふじ01

        これです。

        ふじ02

        すでに遅かった!私達の前に2組み、既に名前の記入がありました!
        お、恐るべし「ふじ」。それでも3組み目に名前を記入して一安心。これで開店の10分前である16:50までに店舗前で待てば、無事入店ができます。

        開店まで約40分、更に大須商店街を散策し、16:40に「ふじ」さんの前に戻ると、結構お客さんが店舗の周りでたむろっています。

        そして16:50、ようやく「ふじ」さんの店員さんらしき年配の女性が現れ、予約用紙に記入された客の名前を呼び出します。
        「○○さん〜」 「はーい」(私です) 「どうぞ店内へ」

        ようやく待ちに待った店内へ!  長かった・・・・・。

        店内は結構年季入ってますね。4人掛けのテーブルが4つ、6人掛けが1つ。当然私達夫婦は、別の常連らしき年配の夫婦と相席。

        最初はテーブルに置かれた注文表に、注文数を記入して、」定員さんに手渡しするスタイルのようです。
        私たちは塩とんちゃん、味噌とんちゃん、さがりを注文。

        しばし待つと肉が到着。「さ〜食べるぞ!!!」

        ふじ03

        もうもうと煙が舞う店内。

        ふじ04

        煙が目に染みますね・・・・・・

        ふじ05

        網で焼いて、タレでは無く唐辛子で食べるスタイル。これは珍しいですね。

        とんちゃん、うーん美味しいですね!!

        歯応えがあって、旨みのあり、どんどんとお腹に入って行きますね。

        周りのテーブルで殆どのお客さんが注文していた「きゅうり」の漬物、美味しそうだったので、遅まきながら注文。
        ふじ06
        これもまた美味しいですね〜!!
        2皿注文しちゃいました。

        お腹一杯食べて、支払いはしめて6,000円。
        これはとってもリーズナブルですね。

        約1時間で店内から出ると、沢山の待ち客が・・・。
        ふじ07

        人気の秘密が分かりました。
        美味しかったです。また是非、再訪したいですね。
        御馳走様でした!!







         


        昼神温泉に行ってきました

        0
          妻の実家(愛知県尾張旭市)で、昼神温泉内の尾張旭市保養施設「あさひ苑」の無料宿泊券を頂いたので、12月の週末を利用して、行ってきました。

          お昼12時過ぎの自宅を出発。高速道路を利用して1時間40分程度で現地到着。
          まずは昼食。温泉街にある、そば屋「おにひら」さんでそばをいただきました。
          昼神001
          野菜や土産物が売っている売店の奥に、そば屋さんがあります。

          私は名物「おにひらそば」を頂きました。冬にざるそばですが、このボリュームです。
          昼神002

          3人前はありそうな感じです。
          歯ごたえがあって、喉越しの良いそばで美味しかったです。

          昼食の後は温泉街を散策して、おやきの専門店を発見したので、入ってみました。

          昼神003

          店内でおやきを注文すると、囲炉裏で焼いて食べさせてくれます。おやきの種類も豊富で、持ち帰りもできるので、ありがたいですね。もちろんおやきも美味しかったです。

          これが宿泊した「あさひ苑」。
          昼神004
          温泉もあって、ゆったりくつろげました。

          翌朝は温泉街で毎日開催されている朝市を見ました。
          昼神005
          こじんまりとした温泉街ですが、自宅から近いので、次は別の旅館に宿泊してみようと思います。

           


          スティーヴン・キング / ドクター・スリープ

          0
            ドクタースリープ上

            スティーヴン・キングの日本邦訳本最新作である「ドクター・スリープ」を読み終えました。まだ未読の大作「アンダー・ザ・ドーム」「11/22/63」も本棚にありましたが、どうしても名作「シャイニング」の続編が読みたくて、先に手を出してしまいました。

            雪に閉ざされた山間のホテル「オーバールック」を舞台に、ひと冬管理を任されたトランス一家。ホテルに巣食う幽霊や悪霊のせいで正気を失っていく父と、【かがやき(シャイニング)】という超能力を持った少年ダニーとその母に降りかかる惨劇を描いた、キングの代表作である名作「シャイニング」の正式な続編である本作、キング・ファン必読の一冊でしょう。

            Storyは【かがやき(シャイニング)】を持った少年ダニーは、アルコール依存性に悩まされる中年になっています。偶然立ち寄った街で、ホスピスの職に就くダン(ダニー)。彼は【かがやき(シャイニング)】を使って、死にゆく人々の傍らで、最後の痛み、悲しみを和らげる事で感謝され、いつしかホスピス内で「ドクター・スリープ」と呼ばれていた。ダンはある日、自分と同じ能力を持った少女、アブラと交信する。アブラの【かがやき(シャイニング)】は強大で、ダンの能力を遥かに凌駕するものであった。そんなアブラの能力を狙い、魔の集団、真結族(トゥルーノット)がアブラに迫っていた。トゥルーノットは【かがやき(シャイニング)】を持った子供の命気(スチーム)を吸って生きている、ヴァンパイアのような集団であった。ダンは魔性の物たちとの対決を決意し、アブラの力を借りてトゥルーノットとの戦いに挑むのであった・・・・。



            ドクタースリープ下

            「シャイニング」は正統派のモダン・ホラー作でしたが、本作は「オーバールックホテル」の惨劇を生き抜いた主人公ダンの活躍を描いた、ホラー・アクション大作になっています。ダンが最初、アル中でどうしようもない飲んだくれで登場(ダメダメ人間が主人公)したり、子供の命気(スチーム)を吸って生きている真結族(トゥルーノット)などは、過去のキング作品の中に登場したキャラクター達に、よく似たのがいたなって感じがしたり、敵対する相手の心の中に侵入したりと、過去の作品で使ったアイデアやプロットがいくつか出てきます。それでもハラハラドキド最後まで飽きなく読ませてしまう文章力は、流石です。トゥルーノットが意外な程、あっさりとやられてしまうため、ハッピーエンドで終わります。読了後も爽快感があり、キング作品の中でも読み終わった後の脱力感も無いので、お勧めです。(前作「シャイニング」を読んでいなくても、充分楽しめる作品です)



            塩郷の吊り橋(静岡県)

            0
              2015年9月5日(土)、本日は静岡県は大井川に掛かる、塩郷の吊り橋を見に行ってきました。
              同行してくれたのは、妻と甥っ子。
              朝7:30に自宅を出発。伊勢湾岸豊田南ICから高速に乗り、新東名に乗継ぎ、島田金谷ICで下車。
              一般道を約40分程度走ったところに、吊り橋が見えてきました。
              吊り橋01

              道路標識にも「塩郷の吊り橋」が。

              吊り橋02

              標識近くにある駐車場に車を止め、いざ吊り橋へ。
              吊り橋が近づいて来ました。
              意外なほど、道路から低い位置にありますね。
              吊り橋03

              この看板の右側にある階段で吊り橋のスタート位置まで登ります。
              吊り橋04
              階段の途中でハイ!ポーズ。

              吊り橋05
              塩郷の吊り橋と刻印された石がお出迎え。

              吊り橋06
              吊り橋の長さは220m。結構あります。
              さあ、スタート。
              吊り橋07
              吊り橋の下に民家が見えます。結構スリルがあります。
              吊り橋08
              吊り橋の敷板、結構細いです。下に見えるは大井川です。
              吊り橋09
              220m渡り終えると、こんな門が出迎えてくれます。(写真のおじさんは知らない人です(笑い)
              吊り橋10
              さてそれでは戻りましょう。
              橋の先が遥か彼方に見えます。
              吊り橋11
              橋と途中で幾つか、板が4枚ある場所があります。安全に行き違いするためでしょうね。
              吊り橋12
              橋の中間地点。結構反っているのがわかります。
              ちなみに、橋の定員は同時に10名まで。結構揺れます。
              吊り橋13
              下から見るとこんな感じ。甥っ子も楽しんでました。

              吊り橋でスリルを味わった後は、車で5分程度のところにある、「川根温泉 ふれあいの泉」へ。
              吊り橋14
              バーデゾーンでプール遊び。プールから大井川鉄道のSLがあ通過するところを見ることが出来ました。
              SLの顔が「機関車トーマス」の顔になっている、トーマス号と、SLの2車両を見ることができました。

              プールの後は、川根温泉に浸かりました。これで大人1000円はリーズナブルですね。

              最後は遅い昼食。
              浜松を中心に、静岡県のみでチェーン展開しているハンバーグ・レストラン「さわやか」さんに行ってきました。
              吊り橋15
              これが店舗。
              さわやか01
              店内はこんな感じ。
              ブロン○・ビ○ーさんに似てますね。

              私は250gのハンバーグ「げんこつハンバーグ」を注文。
              さわやか02
              湯気が食欲をそそりますね。
              さわやか03
              ハンバーグの感想ですが、ハンバーグと言うより、どちらかと言えばステーキに近い感じです。
              中が結構レアで、赤いです。
              ハンバーグ自体が結構固いです。歯応えはかなりありますので、お腹も膨れます。
              ただ、柔らかいハンバーグに食べなれた私としては、評価が難しいところ。
              好き嫌いが分かれる味でしょうか。

              吊り橋はスリル満点でお勧めですよー。


              デカ盛り店 みのや(岐阜)

              0
                デカ盛り店を探しに岐阜県へ。
                ネットで「みのや」って定食屋さんを見つけたので、妻と甥っ子と私の3人で行ってきました。

                うーん、歴史を感じさせる佇まいですね。
                お昼のランチ時なので、駐車場も満車。人気ありますね。
                みのや01

                メニューはこんな感じ。
                値段もリーズナブルで嬉しいです。
                大盛りが50円の追加料金なんて、今時信じられないほど、良心的ですね。

                みのや09

                甥っ子は焼きそばを注文。
                普通盛りでもかなりのボリューム感です。
                焼きそばの前で、ポーズ。
                みのや11

                麺は太麺です。
                みのや02
                結構な量です。
                みのや03
                妻はカツカレーを注文。
                みのや06
                え、これって大盛りの間違いでは?
                凄い量です。
                みのや07
                写真だと、器と量が分かりずらいので残念ですが、とても食べきれる量ではありません。

                私が注文したかつ丼。
                みのや04
                てんこ盛りです。
                みのや05
                このご飯の量は、ハンパではありません。

                何とかカツと玉子は食べきることができましたが、ご飯は残してしまいました。
                みのや08

                沢庵もてんこ盛りでした。(笑い)
                みのや10

                まだまだデカ盛りの隠れた名店が東海地区にもいっぱいありそうなので、機会があれば行ってみたいですね。
                「みのや」さんにも何時か再訪したいですね。
                ごちそうさまでした。
                 


                2015夏休み旅行 2日目

                0
                  8月10日、夏休み旅行2日目。
                  白川郷近くの平瀬温泉「籐助の宿ふじや」さんを出発して、本日の目的地「レールマウンテン・ガッタン・ゴー」に乗るため、一路神岡地区へ。
                  ガッタン・ゴーとは、廃線になった鉄道の線路上を、自転車で移動するアトラクション。観光の目玉になっているようで、凄い人気。2ヶ月前に予約して、なんとか乗ることができました。
                  そして2泊目の宿に到着。宿泊先は、新穂高温泉「槍見館」。宿名の由来は、お風呂から槍ヶ岳が見えることからその名が付けられたようです。
                  2015夏029
                  風情がある佇まいです。
                  2015夏030
                  フロント前はこんな感じ。甥っ子も興奮気味です。

                  フロント横にはこんな囲炉裏も。

                  2015夏031

                  これは部屋の天井部分。凄い梁です。
                  2015夏032
                  部屋で着替えた後は、旅館内の探索。
                  なんといってもこの宿の売りは、敷地内に点在する露天風呂。
                  2015夏033
                  こんな足湯もあります。
                  2015夏034
                  川沿いにある貸切露天風呂。入り口で「入浴中」の表示をすれば、鍵を借りなくても自由に入浴できます。
                  2015夏035
                  館内の大浴場はこんな感じ。湯船の後ろの窓から、槍ケ岳が一望できます。
                  2015夏036
                  川沿いの貸切露天風呂。甥っ子もおおはしゃぎで、Vサイン。
                  2015夏037
                  木製の湯船がかわいい貸切露天風呂。
                  2015夏038
                  足湯はこんな感じ。ゆったりくつろげます。
                  2015夏039
                  これは貸し切りではありません。川沿いにある、大露天風呂。男湯と女湯が、お風呂の奥でつながっているので、混浴風呂です。
                  川のせせらぎが聞こえて、心地よいですね。

                  お風呂を満喫し、いよいよお楽しみの夕食。
                  囲炉裏のある食事処での夕食です。
                  まずは前菜の籠盛り。ふんだんな山の幸の数々。
                  2015夏040

                  飛騨牛の瓦焼き。美味しそう。
                  2015夏041

                  鮎の塩焼き。つくねや焼海老も香ばしくて美味しいです。
                  2015夏042
                  山菜の土瓶蒸し。
                  汁が絶品です。
                  2015夏043
                  岩魚のお刺身。これは珍しいです。刺身好きの母も大喜び。
                  岩魚の頭がピクピク動いていました。
                  それだけ新鮮ということですね。
                  2015夏044

                  飛騨牛の握りずし。
                  柔らかくて美味しいです。
                  2015夏045
                  里芋と蛸と茄の煮物です。

                  2015夏046

                  山菜の天麩羅。
                  2015夏047
                  ご飯は雑炊で。
                  2015夏048

                  デザートはアイスクリーム。
                  2015夏049
                  ご馳走様でした。

                  夕食後は貸切風呂巡り。
                  夕方入浴できなかった滑り台付の貸切風呂を堪能。
                  このお風呂、以前TV愛知で放映していた「TVチャンピオン」って番組で、露天風呂名人が作った作品。当時TVで見て、一度入浴したかったお風呂。甥っ子も感激。

                  翌朝の朝食。
                  2015夏050
                  朝から豪華です。
                  2015夏051
                  味噌汁とご飯。
                  日本人の朝食はやっぱりこれですね。
                  2015夏052
                  焼き魚も美味しいです。

                  朝食後は宿の恒例行事、朝の餅つき大会。
                  2015夏053
                  甥っ子も参加。
                  自分でついたお餅は美味しい!と甥っ子も喜んでいました。

                  好天に恵まれた白川郷〜奥飛騨温泉郷の旅でした。(終わり)

                   


                  2015夏休み旅行 1日目

                  0
                    2015年の夏休みは、8月9日(日)〜2泊3日で白川郷から奥飛騨温泉郷を回って来ました。同行者は妻と母と甥っ子の合計4名。
                    高速道路で一路、白川郷へ。
                    6:30に自宅を出発して、10:00に白川郷に到着。駐車場に車を停めて、徒歩で観光。
                    まずは吊り橋を渡って街並みに入ります。

                    2015夏001

                    10:00ですでに気温は30℃近く。意外と暑いです。
                    2015夏002

                    茅葺き屋根の建物が点在しています。外国人の観光客が多いですね。
                    2015夏003
                    建物の中を見学。規模的に一番大きい「長瀬家」さんを見学。
                    写真は長瀬家の前で甥っ子がVサインしているところです。
                    2015夏004
                    建物内は3階になっています。1階部分は住居部分で、2階以上は昔の農耕器具等が展示してあります。床部分が格子状になっているので、下が丸見えで、開放感ありますね。
                    それにしてもよくこんな建物作ったなあと感心です。
                    2015夏005
                    昼食はメイン通りの最終ポイントにほど近い食堂で。もちろん屋根は茅葺きです。
                    2015夏006
                    つまみに注文した豆腐の朴歯味噌冷奴。素朴な味わいで美味しいです。
                    2015夏007
                    私が注文したのは、米粉で作った麺(地元ではベーメン(米麺)と呼びます)に甘露煮がトッピングされた料理。ベーメンですが、韓国冷麺のような食感で、美味しかったです。
                    2015夏008
                    母は豪華に飛騨牛定食。蕎麦とご飯と惣菜と飛騨牛と野菜の盛り付け。豪華な昼の宴ですね〜。
                    2015夏009
                    昼食後は、展望台行きのバスに乗って、茅葺き屋根の街並みが一望できる絶景スポットへ。過去、白川郷へは2回来ていますが、いずれも展望台には行った事がなかったので、感激です。
                    2015夏010
                    展望台から見る眺めは最高ですね。
                    茅葺き屋根の建物が、なんだかノスタルジックですね。
                    感傷に浸ってしまいます。
                    2015夏011
                    こんな面白い家もあって、微笑ましいです。

                    白川郷を満喫した後は、今宵の宿へ移動。
                    白川郷から車で20分程度行くと、本日の宿泊宿、平瀬温泉「藤助の宿 ふじや」に到着。
                    2015夏012
                    趣のある、純和風な佇まいの宿です。
                    ここは「日本秘湯を守る会」の宿。いかにも秘湯ってイメージですね。
                    2015夏014
                    フロント横にはこんな暖炉があります。
                    暖炉に座ってウエルカムドリンク、スウィートかな?のおもてなし。
                    2015夏013
                    冷え冷えのおしぼりが気持ち良いですね。

                    到着後は早速、館内のお風呂をチェック。
                    まずは家族風呂。
                    2015夏015
                    岩風呂です。壁があるけど、半露天になってて気持ちよさそうです。早速入浴しちゃいました。
                    次は大浴場。
                    2015夏017
                    ぼちぼちの大きさです。
                    大浴場から扉を開けば、露天風呂にも通じています。
                    2015夏016
                    開放感あります。木々に囲まれて、癒されますね。

                    夕食は館内の食事処で頂きました。
                    まずは前菜。籠に入った野菜。新鮮です。
                    とうもろこし、枝豆、わさび葉、細筍等。
                    2015夏018
                    次は「日本全国鍋大会」で平成26年度優勝した「飛騨牛すったて鍋」。
                    クリーミーで美味しいです。

                    2015夏019
                    次は鮎の塩焼き。

                    2015夏020
                    次は長芋素麺とうど。爽やかな口当たりです。

                    2015夏021
                    次は梅干しの茶わん蒸し。

                    2015夏022
                    飛騨牛の陶板焼きも頂きました(美味しくて、写真撮るの忘れちゃいました。)

                    次は酢の物。みょうが、大根、キュウリ。
                    2015夏023
                    次は山菜の天ぷら。カリカリほ食感がたまりません〜。

                     2015夏024

                    デザートはアイスクリームで〆。ごちそうさまでした。
                    2015夏025

                    食後は大浴場に入浴するつもりでしたが、長旅の疲れか、部屋に敷いてある布団に倒れこみ、そのまま熟睡。

                    翌朝、前の晩、早寝したので5時におめざめ。
                    朝風呂にゆっくり浸かり、朝食へ。

                    2015夏026
                    宿の朝食って、本当に嬉しいですね。
                    朝からこんな豪勢な食事が食べられるなんて。
                    2015夏027

                    朴歯味噌、最高ですね。
                    2015夏028
                    温泉玉子も絶品です。

                    夏休み旅行、1日目が終了しました。

                    「夏休み旅行 2日目」に続く・・・・。
                     


                    マッド・マックス 怒りのデスロード(MAD MAX FURY ROAD)

                    0
                      MAD MAX

                      今年の夏は、洋画の超大作、話題作の公開が目白押しですね。そのオープニングとも言える、「マッド・マックス 怒りのデスロード」原題(MAD MAX FURY ROAD)を観てきました。「マッド・マックス サンダードーム」公開から27年振りに作製された4作目で、内容的には「マッド・マックス2」の再構築的な内容になっています。

                      物語の舞台は核戦争後の荒廃した世界。枯渇した資源(特に石油)を求めて、弱肉強食の時代となっています。マックスはそんな時代をアテもなく流浪する世捨て人。目の前で殺された妻子の亡霊に怯えながら、砂漠と化した荒野を彷徨っています。そんなマックスをイモータン・ジョー率いる暴走軍団が襲い、愛車インターセプターは奪われ、マックスは捕虜として囚われの身に。イモータン・ジョーは地下から水が湧き出るシタデルという岩石の要塞を牛耳るボスで、水と農作物で人民を支配する狂信者であった。ジョーの右腕的存在である女大隊長、フュリオサが反乱を起こし、ジョーの後継者を出産するために囲われている子産み女達を引き連れ、タンクローリーを改造した戦闘車両ウォー・リグを駆ってフュリオサ出生の地「緑の地」を目指す。フュリオサの裏切りを知ったイモータン・ジョーは、配下のウォーボーイズ達を引き連れ、フュリオサ追走を始める。ウォーボーイズとウォー・リグの激突に乗じて手足の拘束を解いたマックスは、フュリオサとの格闘の末、自らもウォー・リグに同乗し、「緑の地」を目指す事に。果たしてマックス達は無事生き延びる事ができるのか・・・・。

                      いや〜凄い迫力ですね。CG全盛の時代に敢えて実写映像に拘って撮りあげただけあって、手に汗握るカーバトルが全編を通して展開しています。Storyは単純なので、ひたすら繰り広げられるバトルを楽しむ事ができます。イモータン・ジョー率いる軍団の改造車両がド派手でごっついです。カーバトルというよりは、改造車両同士の騎馬戦っといった感じです。そしてフュリオサ役のシャーリズ・セロンの迫力が凄く、マックス役のトム・ハーディの存在感を凌駕しています。見終わった後にドッと疲れが来ますが、ラストはマックス達が勝利を収め、フュリオサがイモータン・ジョー亡き後のシタデルを統治する、ハッピーエンドで終わるので爽快ですね。この夏イチオシの映画ですね。



                      PR
                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      recommend
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座