スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2017.06.01 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    山梨 河口湖温泉

    0
      10月11日〜13日の3連休を利用して、山梨県は河口湖温泉に行って来ました。
      まずき東名高速〜富士五胡自動車道〜中央道を乗り継いで、勝沼市にある勝沼ワインナリーに行きました。
      河口01
      勝沼市はワインが有名な地域で、市内の所々にワイナリーが点在しています。ワインを購入し、次はワイングラスを購入しようと、ワイングラス館に。
      河口02
      素敵なワイングラスをGetして、一路河口湖方面へ。
      昼食は山梨名物ほうとうが食べられるお店へ。
      河口湖畔に3店舗ある「ほうとう不動」北本店へ。昼食時期の為、店内は満席の状況です。
      河口03
      ほうとううどんです。味噌ベースのスープにかぼちゃの風味。黄色のスープは見た目カレーのようですが、このスープが絶妙です。トロトロに煮込まれた野菜と、麺が本当に美味しいです。
      河口04
      ほうとうを食べた後、「河口湖猿まわし劇場」へ行きました。
      河口05
      本格的な猿まわしって初めてですが、面白かったです。
      河口06
      次はオルゴールの森へ。
      河口07
      素敵な建物が並んでいます。
      河口08
      敷地内のカフェでコーヒータイム。
      河口09
      ケーキセットです。
      河口10
      シフォンケーキ美味しかったです。
      河口11
      夕方5時になったので、宿にチェックイン。今宵の宿は河口湖畔の高台にある宿「楽游」さん。
      河口12
      ロビーには豪華なソファーがあります。
      河口13
      チェックインした後は夕食までの時間を利用して、貸切風呂へ。こじんまりとしたお風呂です。
      河口14
      いよいよ楽しみの夕食タイムです。まずは前菜。素敵な盛り付けです。
      河口15
      刺身の造り。新鮮で柔らかい刺身、美味しいです。
      河口16
      メインは甲州牛の溶岩焼き。これが堪りません。
      河口17
      ごはんは五目御飯です。
      河口18
      お腹一杯で部屋に戻り、観光の疲れが出て、そのままバタンキュ〜でした。

      翌朝です。朝風呂は旅行の醍醐味ですね。
      河口19
      朝食です。品数もそこそこで、美味しかったです。
      河口20
      河口湖畔の土産物店です。
      河口21
      宿から歩いてすぐにあるカチカチ山ロープウェイで、河口湖と富士山が一望できる展望台へ。雪の無い富士山って・・・。
      河口22
      宿を後にした私達は、忍野村にある「忍野八海」へ。富士山の湧き水で出来た水溜り?が観光スポットになっています。
      河口23
      湧き水もここで飲めます。
      河口24

      本当に綺麗な湧き水です。
      河口25
      エメラルドグリーンの水底には沢山の魚たち。
      河口26
      この透明度。幻想的です。
      河口27
      旅行の最後は浜松市で高速を降り、浜松餃子の人気店「福みつ」さんへ。
      河口28
      午後3時過ぎなのにこの行列です。
      河口29
      餃子セット。餃子10個と味噌汁とライスです。
      河口3.0
      私は餃子25個を食べました。外の皮がパリパリで、中の具は野菜中心でヘルシーな餃子です。美味しかったです。行列する程の人気店なのも頷けます。
      河口31
      河口湖で宿泊したのは初めてでしたが、景色もよく温泉も気持ちよかったです。是非また訪れたいですね。




      2008年夏休み 松本〜小布施〜渋温泉

      0
        2008年夏休みの旅2日目は、松本城散策からスタート。
        渋1
        お城の天守閣に登ろうと計画してましたが、見学者が多く入場制限されてました。
        仕方ないので写真撮影だけしました。(ーー;)
        渋2
        お城横にのそば屋さんで昼食を。店内の窓からは松本城を眺めることが出来ます。
        渋3
        私はおろしそばを食べました。結構細目の麺でしたが、コシがあり、美味しく食べられました。
        渋4
        妻は定番のざるそば。
        そば湯をざるそばの残り汁に入れて飲んでみました。美味しかったです。
        渋5
        松本ICから高速で一路小布施へ。ここのお目当ては栗のデザートを食べることでした。
        小布施到着後、栗の木テラスへ。渋6
        モンブランケーキとコーヒーを食べました。コーヒーポットなので、コーヒーのおかわりも飲むことが出来ました。お得ですね。モンブランは栗の聖地小布施だけあって、絶品の美味しさでした。
        渋7
        小布施から30分程度で宿泊地の渋温泉に到着。今宵の宿は渋温泉の中でも歴史ある旅館、「古久屋(こくや)」さん。
        まずは古久屋さんの看板の前でパチリ。
        渋8
        宿内には9つのお風呂があります。
        渋9
        大小様々の大きさのお風呂があります。
        渋10
        お風呂の男女入れ替えは夜9時。
        渋11
        このお風呂は面白いですよ。6つの湯船がそれぞれ温度が違ってます。ぬるま湯風呂は40℃前後ですが、50、60、90℃の湯は水で温めないととても入れません!
        渋12
        一茶の湯。館内のお風呂の中では一番大きな露天風呂です。
        渋13
        宿の玄関先には温泉玉子が茹でられています。1個50円で食べられます。もちろん私は1個食べちゃいました。
        渋14
        渋温泉名物の外湯巡り。宿で外湯の鍵を借りて、宿泊客は無料で入浴することが出来ます。
        渋15
        湯船はこんな感じです。
        渋16
        温泉街の雰囲気。風情がありますね。
        渋17
        外湯入浴のルールです。守って気持ちよく入浴しましょう。
        渋18
        別の外湯です。しかしどの外湯も、お湯の温度が熱いです。水で温めないととても入浴できません。
        渋19
        温泉街をふらついた後は、お楽しみの夕食です。
        食事処で頂く事が出来ました。まずは前菜から。
        渋20
        次は牛肉と豚肉のパティ。冷たくて美味しいです。
        渋21
        次はお刺身の造り。お皿が素敵ですね。川魚の刺身は野趣があって美味しいです。
        渋22
        これはビシソワーズ。じゃがいもの冷製スープですね。これが美味しいです。もう1杯飲みたいですね。
        渋23
        次の料理も見た目涼しげな一品です。
        渋24
        次はかぼちゃの料理。食感が良いです。
        渋25
        岩魚の塩焼き。天然です。
        渋26
        鰻の酢の物。口直しに最適ですね。
        渋27
        料理も終盤に差し掛かってきました。次は天麩羅。茹でとうもろこし。揚げたての天麩羅が美味しいです。
        渋28
        ざるそばです。嬉しいですね。
        渋29
        ご飯とお吸い物です。かなりの品数でお腹が破裂しそうです。
        渋30
        ラストのデザート。フルーツポンチです。ごちそうさまでした!!
        渋31
        翌朝外湯の大湯へ。早朝にも関わらず賑わってました。
        渋32
        外湯の玄関先で手拭に外湯のスタンプが押せます。300円で外湯手拭を購入して、スタンプ全部を集めるて(もちろん入浴してですが)お寺に奉納すると大願成就するとか。でも今回は3つの外湯しか入浴出来ませんでした。(ーー;)
        渋33
        朝食です。
        渋34
        沢山の品数です。
        渋35

        渋36

        渋37
        美味しい朝食でした。温泉で食べる食事ってなぜこんなに美味しいでしょうか?水が良いからでしょうか?
        ゆったりと温泉に浸かってリフレッシュ出来た旅でした。





        2008夏休み 高山〜平湯温泉の旅

        0
          2008年夏休み。8/12早朝に自宅を出発。愛知環状道路〜東海北陸道を経由して高山へ。今回も宮川朝市で漬物と野菜を購入しました。
          楽しみにしていた飛騨牛串焼きを食べ、コーヒーブレイクではアイスクリームとホットコーヒーで一服。
          もず1
          高山屋台展示場を見学。高山祭りの屋台は、江戸時代からの物がそのまま残されているんですね。日ごろは展示してあり、10月の祭りの際にこの展示スペースから街に出し入れされているようです。
          もず2
          高山を後にして、宿泊先の平湯温泉に。今夜の宿泊先は、オープンして1年未満の宿「もずも」さん。個室形式の10室というこじんまりとした宿です。
          平湯バスターミナルからすぐそばですが、1本奥に入った道の為、静かです。
          もず3
          ロビーでお茶を頂きました。大きなガラス張りの宿内から、豊富な緑が目に入ります。
          もず4
          部屋付きの露天風呂です。かなりの広さで大人2人が余裕で入浴出来ます。
          もず5
          他にも男女別の大浴場もあります。宿の奥まで行くと男女別に仕切られたお風呂があります。
          もず6
          女性用の大浴場。鉄分を多く含んだ湯で、湯船に触れた部分に鉄分の茶色い跡が付着します。かなり身体に良さそうです!(^^)!
          もず7
          男性用の大浴場。女性用と少しレイアウトが異なりますが、大きさと湯船の形は一緒です。上を向くと空が一望出来ます。
          もず8
          部屋に戻ってベットで一時。これぞ温泉宿での至極の時間ですね。
          ベッドが設えてあるので、いつでも寝ることが出来ます。幸せです。
          もず9

          お楽しみの夕食。まずは前菜から。
          もず10
          次々と運ばれる品々。飛騨牛の握り寿司が絶品です。
          もず11
          次は飛騨牛の陶板焼き。
          もず12
          飛騨牛最高!口の中で蕩けます。野菜も新鮮です。
          もず13
          口直しの冷製野菜。
          もず14
          焼き魚と名前は忘れましたが別皿の一品。
          もず15
          飛騨牛のしゃぶしゃぶです。これは堪りません。
          もず16
          カルパッチョです。お皿が素敵です。
          もず17
          ご飯と吸い物です。
          もず18
          デザートは丸ごとトマトのゼリー。
          もず19
          美味しかったです。飛騨牛のステーキとしゃぶしゃぶが一度で楽しめて幸せな夕食でした〜。
          翌朝の景色。緑が清清しい朝です。
          もず20
          朝食です。品数が豊富です。定番の厚焼き玉子もあります。
          もず21
          ご飯も美味しいです。
          もず22
          ほうば味噌をご飯に掛けて食べました。この味噌堪りませんね。
          もず23
          最後はホットコーヒーで〆。
          もず24
          部屋食だったので、殆ど部屋から出ずに宿を満喫出来ました。
          館内も清潔感に溢れています。緑も清清しく、美味しい空気を一杯吸ってリフレッシュ出来ましたよ〜!(^^)!。






          2008GW 山陰の旅3 鳥取砂丘〜城崎温泉〜天橋立

          0
            2008GW 山陰の旅も3泊目に入りました。三朝温泉を後にした私達は、一路鳥取砂丘へ向かいました。
            砂丘1
            いや〜雄大ですね。360度見渡す限り砂、砂、砂です。
            砂丘2
            結構砂に足を取られます。歩くのが困難です。
            砂丘3
            みんな靴を脱いで歩いています。私達も靴を脱いで歩きました。足の裏が結構、心地よいです。砂がサラサラなので、ベトつかないから気持ちいいです。
            砂丘4
            結構な急斜面を下ると海が広がります。絶景ですね!
            砂丘5

            アジア各国のサンドアート職人達が腕を競った、「砂の博物館」を見ちゃいました。これって本当に砂??驚きです。
            砂丘博物館1

            砂丘博物館2

            砂丘博物館3
            万里の長城もありました!
            砂丘博物館4
            最後は姫路城。まだ完成途中でしょうか?
            砂丘博物館5姫路城

            砂丘を後にした私達は、兵庫県に移動し、昼食の出石そばを目指しました。
            出石そばを提供するそば屋さんが多数、軒を連ねています。その中でも私達は「そば庄」さんにて出石そばを頂きました。
            出石そば1
            まずは薬味が運ばれてきました。出石そばの特徴は、小皿に盛られたそばに汁を掛けて食べるところです。1人前は5皿のそばとなります。
            出石そば2
            1皿はかなり小洩りりです。手に取るとこんな感じです。
            出石そば4
            でも5皿並ぶと、こんな感じ。食べ終えた後はそば湯で〆。ご馳走さまでした。
            出石そば3
            出石より25kmで城崎温泉に到着。まずは温泉街を散策。
            城崎温泉駅です。
            城崎温泉街1
            温泉街の町並み。風情がありますね。
            城崎温泉街2
            コーヒー屋さんを発見。午後のコーヒータイムの時間です。
            城崎温泉街3
            ブルーマウンテン・コーヒーを頂きました。味は・・・まぁ、普通でした。
            城崎温泉街4
            ソフトクリーム専門店もありました。
            城崎温泉街5ソフトクリーム屋
            温泉街を散策した後は、宿泊先である「喜楽」さんへ。
            みやげ物店がひしめく通りのど真ん中に位置しています。
            宿1
            玄関先です。こじんまりとした宿です。
            宿2
            早速外湯巡りへ。宿の宿泊客は、7つある城崎温泉の外湯全てが無料で入浴できます。宿のフロントで入浴券を貰っていざ外湯へ。
            まずは御所の湯へ。露天風呂もあってかなり大型の外湯です。
            外湯1
            次は一の湯へ。城崎温泉街の中心に位置するこの外湯は、名前の通り一番人気の湯のようです。
            外湯2
            今日の外湯巡りはここまで。これ以上入浴すると湯疲れしそうです。後は玄関先を写真撮影しちゃいました。
            外湯3

            外湯4
            柳湯。玄関にある足湯だけ入浴?しちゃいました。
            外湯5
            さてお楽しみの夕食です。カニの旬は過ぎてしまったので、今回はすき焼きコースを頼んじゃいました。
            城崎夕食1
            すき焼き鍋の具材です。
            城崎夕食2
            肉の握りです。美味しいです。
            城崎夕食3
            肉の刺身。これも絶品!
            城崎夕食4

            城崎夕食5
            最後はごはん。
            城崎夕食6
            〆はデザート。ご馳走様でした! !(^^)!
            城崎夕食7
            寝る前にやっぱり外湯にいっちゃいました。まんだらの湯へ。
            外湯7
            翌朝は朝食の前に外湯へ。ラストは鴻の湯へ。庭園露天風呂、開放感があってゆっくり浸かっちゃいました。
            外湯6
            朝食です。
            城崎朝食1
            ごちそうさまでした。
            城崎朝食2
            宿を後にした私達は、最後の目的地である天橋立へ。
            天橋立1
            最高の眺めです。日本三景で2つ目を制覇しちゃいました。
            天橋立2
            天橋立を歩いて渡る前に、コーヒーブレイク。
            天橋立3カフェ
            カフェでコーヒーを頂いちゃいました。
            天橋立4コーヒー
            天橋立散策です。端から端まで往復すると5kmの道のりです。
            途中、こんな松もありました。
            天橋立5
            往復の最終地点で昼食。
            天橋立6
            しじみ丼を食べちゃいました。
            天橋立7しじみ丼
            これで今年のGW旅行は終了。天気にも恵まれ、予定通り全ての観光地を廻ることが出来ました。およそ1,100Kmの道のりでした。






            2008GW 山陰の旅2 松江城〜境港市〜三朝温泉

            0
              GW山陰の旅2日目。まずは松江城へ。松江城ではお目当ての遊覧船に。松江城周辺のお堀を遊覧船で廻る風光明媚な船旅。
              松江城3
              約45分間の船旅。女性の船頭さんの楽しい会話と、風情のある景色が目と耳を楽しませてくれます。
              松江城4
              遊覧船を降りた後は松江城へ。
              松江城1
              木造建築では日本最大規模のお城だそうです。
              松江城2
              天守閣からの景色もいいですね。
              松江城5
              次はゲゲゲの鬼太郎でお馴染みの漫画家、水木しげる氏の生誕地である境港市に、鬼太郎を始めとする妖怪たちのブロンズ像が町中に展示してある「水木しげるロード」へ。
              境港市の駅に車を停めて、いざ水木しげるロードへ。
              水木先生の仕事場風景を模したプロンズ像がお出迎え。
              水木先生
              駅にはゲゲゲの鬼太郎列車が。
              境港駅
              鬼太郎がお出迎えしてくれました。
              鬼太郎
              鬼太郎のブロンズ像です。
              鬼太郎銅像
              鬼太郎のプロンズ像と一緒にハイポーズ。
              水木しげるロード1
              ネズミ男と一緒に。彼って意外と身長低いですね。160cmだそうです。
              水木しげるロード2
              横たわるネズミ男像。彼はやはりこんな自堕落なポーズが似合いますね。
              水木しげるロード3
              ゲゲゲの鬼太郎の仲間達。賑やかですね。
              水木しげるロード5
              妖怪神社には鬼太郎のお父さん、目玉親父が。
              妖怪神社
              水木しげる記念館の玄関先には、のんのんばあの像が。
              水木しげるロード4
              記念館の館内には、東海道53次宿場町の漫画が展示してあります。わが故郷、知立市の絵もありました。!(^^)!
              記念館1
              妖怪楽園なんてのもありました。
              妖怪楽園1
              等身大?のぬりかべ。
              妖怪楽園2
              一反もめんのすべり台もありました。
              妖怪楽園3
              鬼太郎のカフェラテ。鬼太郎の顔が愉快です。
              妖怪楽園4

              水木しげるロードを後にした私達は、2日目の宿泊先である三朝温泉へ。
              宿泊旅館は老舗の依山楼岩崎さんへ。
              岩崎外観2
              結構な大型旅館です。
              岩崎外観1
              まずは大浴場へ。お風呂は大きくていろいろな種類の浴槽があり、楽しめます。
              岩崎風呂5

              岩崎風呂1

              岩崎風呂2

              岩崎風呂3
              足湯もあります。
              岩崎風呂4
              部屋には露天風呂も。24時間浸かり放題。嬉しいですね。
              岩崎風呂6

              さて夕食です。個室での夕食です。
              夕食1
              刺身のお造りです。
              夕食2

              夕食3

              夕食5
              山陰と言えばカニですね。美味しい!!
              夕食4
              鍋の具材です。
              夕食6

              各種天麩羅。カリカリで美味しいです。
              夕食7
              夕食8
              デザートです。もうお腹一杯!
              夕食9

              朝食です。品数豊富!
              朝食1岩崎

              朝食2岩崎

              朝食3岩崎

              部屋付き露天風呂で一人25,000円。満足出来ましたよ〜。山陰の旅2日目も楽しい旅でした!



              2008GW 山陰の旅 〜石見銀山〜出雲大社〜玉造温泉

              0
                2008年GWの旅行は3泊4日で山陰地方に行って来ました。
                初日は島根県まで足を延ばし、昨年世界遺産に登録された「石見(いわみ)銀山」に行って来ました。バスで移動し、大森地区より徒歩で、銀山の中で唯一公開されている、龍源寺間歩(まぶ)を見学。鍾乳洞のような坑道を歩いて散策しました。
                石見銀山1
                これが間歩の入口です。
                石見銀山2
                間歩の坑道内。手が天井に付きます。坑道内はひんやりとしています。夏は涼しいでしょうね。
                石見銀山4
                間歩の最後は舗装された坂道です。かなりあります。

                間歩見学の後は大森地区。ここには現在も何百人の方が住んでいるそうです。昔ながらの街並みが懐かしさを誘います。
                石見銀山5
                昔ながらの街並みでしばし一服。パン屋さんでプリンを食べちゃいました。美味しかったです!
                石見銀山6

                次の目的地は出雲大社。まずは腹ごしらえ。出雲大社近辺に立ち並ぶ、出雲そばのお店へ。お昼時だったので、すごい行列。一番人気の「かねや」さんに行きました。
                出雲そば1
                私は出雲そば5段を注文。1段ずつ別々の薬味が入っていて、そばつゆをかけて頂きます。これが堪らなく美味しいです。
                ごちそうさまでした。
                出雲そば2
                出雲大社入口。かなりの賑わいです。
                出雲大社1
                大社内。参拝客で大賑わいです。
                出雲大社2
                有名な巨大な注連縄。大きさがイマイチ分かりづらいですね。
                出雲大社3
                こんな感じです。私の妻と比較すると、その大きさが分かります。
                出雲大社4

                1日目の宿泊先は玉造温泉の「有楽」さん。昨年リニューアルして、24部屋全てに露天風呂が付きます。
                有楽1
                まずは大浴場で入浴。まだ他の宿泊客がいない為、お風呂の写真を撮っちゃいました。
                有楽2
                そしてこれが露天風呂。やや熱めのお湯が心地よいです。脱衣室にはバスタオルが常備されていますので、手ぶらで行けます。
                有楽3
                そしてこれが部屋付きの露天風呂。大人二人で一杯のサイズですが、これで十分ですね。いつでも好きな時間に入浴出来るのが嬉しいですね。
                有楽4
                宿の前を流れる川の袂には、こんな足湯があります。かなりここの湯熱いです。あまり長居は出来ませんが・・・。
                有楽5
                お待ちかねの夕食。食事は部屋毎に仕切られた食事処で頂けます。
                まずは前菜。色が鮮やかですね。
                食事1
                器が爽やかです。
                食事2
                どれも美味しいです。
                食事3
                刺身のお造り。近海物がズラリと並びます。
                食事4
                紙製の鍋物です。
                食事5
                温かい物は、温かいうちに。これは堪りません。
                食事6
                これが絶品の美味しさです。
                食事7
                ポルトガルから伝わった特殊な鍋で蒸された貝料理です。
                食事8
                やはり最後はごはんですね。コシヒカリです。
                食事9
                デザート各種。もうお腹一杯です。
                食事デザート

                翌朝の朝食。食べきれない程の品数です。
                朝食1
                焼き魚です。
                朝食2
                〆はホットコーヒー。
                朝食3
                部屋係りのお姉さんも美人だし、館内は清潔だし、茶室では抹茶とお茶菓子が食べられます。これで1名27,000円。かなりお得な宿でした。
                1泊目は大満足でした。


                湯布院の旅〜わらび野〜

                0
                  湯布院の旅、2泊目は「山荘わらび野」さんに宿泊。「二本の脚束」さんから徒歩2分程度のところにあります。
                  林に囲まれた中に和風造りの建屋があり、そこが玄関口です。
                  わらび野玄関

                  わらび野食事処
                  まずはチェックイン。気温35℃を超える酷暑日でしたが、林の木陰のおかげで、宿周辺はやや気温が低く感じます。
                  わらび野ウエルカムドリンク
                  通された部屋ではウエルカムドリンクとして、小豆の饅頭でのもてなし。仲居さんは若くて綺麗な女性でした。笑顔も素敵です。
                  わらび野内湯1
                  落ち着いたところで、いざお風呂へ。この宿は全室に露天風呂が付いていますが、その他にも男女別の大浴場が完備されています。まずは女湯の写真撮影を妻に頼みました。
                  大浴場には露天風呂と内湯が完備されています。女湯の内湯は石で出来た湯船で、大人3人位が一度に入浴すると少々狭く感じる程度の大きさです。
                  わらび野露天1
                  鬱蒼と茂った樹木の枝の下に設えられた露天風呂。かなりの大きさです。湯の温度もややぬるめで心地よいです。
                  わらび野内湯2
                  次は男湯の内風呂。これも石で出来た湯船で、大人2人程度の規模。湯量も豊富です。
                  わらび野露天2-1
                  男湯の露天風呂。これもかなりの大きさです。
                  わらび野露天2-2
                  岩風呂を囲む壁が重厚さを醸し出しています。目を閉じると鳥のさえずりとかすかに蝉の鳴き声が聞こえる程度で、静寂を楽しむことが出来ます。
                  わらび野部屋つき露天風呂
                  私達が宿泊した「山ぼうし」の部屋に設えられた露天風呂。夫婦2人には適度な大きさです。10棟の離れには全て形の異なる露天風呂が設えてあります。私達の部屋は岩風呂でした。わらび野夕食1
                  さて、お楽しみの夕食の時間です。夕食は部屋食です。仲居さんの丁寧な給仕と、接客が心地よいです。
                  わらび野夕食2
                  竹をくり貫いた器に盛り付けられたお造り。清涼感が味わえます。
                  わらび野夕食3
                  鮎の塩焼き。尻尾から頭まで全部美味しく食べられます。
                  わらび野夕食4
                  湯布院の夏野菜。器が豪華です。
                  わらび野夕食5
                  豊後牛のステーキ。食べるのが惜しくなる程です。もう一皿位は軽く食べられそうです。わらび野夕食6
                  かき揚げ天麩羅。暖かくてほくほくです。わらび野夕食7
                  ごはんと味噌汁と漬物。炊き立てのお米は美味しいですね。仲居さんがおかわりを聞いてくれなかったので、ご飯は1膳のみでした。少し寂しい(ーー;)
                  わらび野夕食8
                  〆ののデザートはバニラアイスクリームでした。
                  わらび野フロント
                  夜は湯布院の花火大会の日でした。宿の近くで花火があがっていました。夕食後はゆっくりと部屋風呂に浸かりました。
                  翌朝はフロント奥にある食事処での朝食。
                  わらび野朝食1
                  まずはサラダです。新鮮な野菜は美味しいですね。
                  わらび野朝食2
                  豪華な朝食です。
                  2日間の優雅な温泉宿の旅もこれで終わりです。湯布院は4度目ですが、何度来ても新鮮な発見があって、また戻って来たいと感じさせる魅力に溢れています。


                  湯布院の旅〜観光〜

                  0
                    由布院駅前
                    湯布院の旅、翌日は観光です。駅からタクシーを拾って、目指すは2006年10月にオープンした、九重地区にある夢の大吊橋。日本一高い吊橋で、総工費40億円を投じて立てられた吊橋だそうです。
                    九重夢大吊橋
                    吊橋入口にはこんな大きな看板が。
                    九重夢大吊橋2
                    吊橋を横から見たらこんな感じです。もの凄い行列が橋を渡っています。吊橋の高さは150メートルを越えています。下を見ると怖くなります。
                    震動の滝
                    橋から下ったところに「震動の滝」があります。日本の滝100選に選ばれています。
                    由布岳
                    これが由布岳です。由布院の人々にとってはなくてはならない存在です。
                    夢想園 家族風呂
                    「山のホテル夢想園」で立ち寄り湯を楽しみました。由布岳が見渡せる大露天風呂が名物の宿です。この日も立ち寄り湯の客が賑わっていました。大露天風呂は流石に写真が取れないので、貸切の家族風呂で写真を撮りました。
                    夢想園 限定プリン
                    旅館内にある喫茶で、名物の限定プリンを食べました。1日限定40個ですが、無事食べることが出来ました。濃厚な味のプリンは絶品でした。


                    湯布院の旅〜二本の脚束〜

                    0
                      8/14〜16の2泊3日で大分は湯布院温泉に行って来ました。
                      新幹線とJRを乗り継いで由布院駅に14:15頃到着。駅前を散策した後、1泊目の宿泊先である「おやど二本の脚束」さんに到着。
                      4000坪の敷地内に9つの離れがある宿です。
                      脚束玄関1
                      玄関はこんな具合です。木が一杯で空気が澄んでますよ〜。
                      脚束漢の間
                      私達の宿泊した部屋(離れの個室)、「漢の間」です。中国風のデザインが施された部屋です。2間あり、既に布団が敷かれていました。
                      脚束温泉たまご
                      敷地内を散策。家族風呂「昭和の湯どころ」の脇にポツンととあるコーナーが。ここで温泉たまごとジュースがただで頂けます。食べ放題です。とりあえず温泉たまごを頂きました。う〜ん、とろとろ半熟たまごが美味しいです
                      脚束竹林の小道
                      腹ごしらえが終わったので、まずは貸切風呂、「竹林の湯」を目指して小道を探索。
                      竹林を越えて坂を登った所に湯処があります。
                      脚束竹林の湯
                      竹林の湯です。小振りな温泉で、2人で一杯になる程度の大きさです。ここの温泉は全て貸切の家族風呂で、お風呂の入口の立て札が「入浴できます」となっていたら入浴可能です。竹林の湯を出た私達は、一番のお目当てである「大露天風呂」へ。残念ながら先客があったので、ひたすら待ちました。
                      脚束大露天風呂1
                      脚束大露天風呂2
                      これが宿自慢の大露天風呂。広いです。打たせ湯もあります。この湯が夫婦2人で貸切とは、リッチな一時が満喫できますね〜。温泉好きには堪らない、至極の一時です。
                      脚束昭和の湯1
                      宿には他に貸切の半露天形式の内湯が5つあります。「昭和の湯どころ」とネーミングされています。
                      脚束昭和の湯2
                      5人くらいはいっぺんに入浴できる広さがある石風呂。
                      脚束昭和の湯3
                      石を丸くして作った石風呂。2人入浴がちょうど良い大きさです。
                      脚束昭和の湯4
                      これもそこそこ大きい石風呂です。シャワーも完備しています。
                      他にもやや大きめの内湯が1つ別棟の形であります。敷地内に9つの異なるお風呂があり、全て貸切です。写真下は内湯です。
                      脚束内湯
                      さて、夕食のスタートです。夕食は敷地内にある食事処で頂きます。
                      脚束夕食1
                      籠にもられた一品料理の数々。
                      脚束夕食2

                      脚束夕食3
                      豊後牛のステーキ。やや量が少ないです。もう少し食べたいところです。
                      脚束夕食4
                      らーめん風のそうめん、にゅー麺。意表をつかれました。
                      脚束夕食5
                      最後にお茶漬け風のご飯が出てきます。
                      脚束夕食6
                      デザートは練乳のパンナコッタ、ブルーベリーソースかけ。これが絶品です。
                      かなりの量でお腹満腹状態です。ご馳走様でした。
                      脚束フロント
                      朝も当然大露天風呂に入浴。口が渇いたので、フロントの2Fにあるスペースでアイスコーヒーを飲みました。冷蔵庫に冷やしたコーヒーがあり、飲み放題です。
                      こんなサービスが堪りませんね。偶然立ち寄った他の宿泊客の方と、温泉談義に花が咲きました。
                      脚束朝食1
                      朝食です。もの凄い量です。野菜尽くしです。う〜ん、お腹が2つ欲しいです。どの野菜も瑞々しくて美味しいです。
                      脚束朝食2
                      ひじき、れんこん、とうふ、おから、こんにゃく等、身体に優しいおかずが盛られています。残念ですが食べ切れませんでした。

                      宿ですが、当然の如くこの日は満室。と言うより、土日、連休はかなり前から予約で一杯のようです。なんとかお盆休みに予約が取れたので、ラッキーでした。




                      金沢〜山代温泉 2007GWの温泉旅2

                      0
                        兼六園
                        GW温泉旅行の2泊目は、雨の中の兼六園散策からスタート。日本三大庭園の兼六園ですが、生憎の雨でがらがらでした。
                        金沢城公園
                        兼六園すぐ横にある金沢城公園。まだまだ拡張するようで、所々工事中でした。
                        21世美術館
                        次に向かったのは最近良くTVでも見かける金沢の新名所「21世紀美術館」ここの名物は有名なプール。(写真下)上の階から下のプールを覗くと、水中に人が潜っているように見えますが、これは実は地下室の人がプールの水面下に見えるように細工されたアートです。
                        プール
                        金沢巡りの後は、宿泊地である山代温泉へ。山代温泉街でも一際ユニークな宿、「べにや無何有(むかゆう)」さんが今晩の宿。
                        べにや無何有
                        まずはウエルカムドリンクでのおもてなし。
                        ウエルカムドリンク無何有
                        客室はコンクリート打ちっぱなしの洋室。DVDも見れるAVシステム完備です。
                        客室
                        そしてこれが部屋付きの露天風呂。大人二人が余裕で入浴できる広さです。温度も適温で、快適です。
                        客室露天風呂
                        館内を散策。女性に喜ばれる演出らしく、エステ等のトリートメントルームが充実しています。これはトリートメントルーム入り口の雰囲気。すてきな異空間です。
                        トリートメントルーム
                        そして楽しみな夕食は、部屋食ではなくダイニングで頂く形式。
                        メニューが多過ぎて、順を追って説明が困難なので、写真を羅列します。
                        夕食1

                        夕食2

                        夕食3

                        夕食4

                        夕食5

                        夕食6
                        これは筍の丸ごと。甘くて美味しかったですよ。
                        夕食7
                        口直しのカキ氷。
                        夕食8
                        夕食9
                        しめのデザート。
                        鴨つみれの鍋、皮付き筍の蒸し焼き、のれそれの刺身、デザートはベリーの白ワインゼリーかけ。大満足の夕食でした。
                        朝食
                        朝食も品数豊富で食べきれない程でした。接客、雰囲気どれを取っても合格点の宿でした。


                        PR
                        calendar
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        2930     
                        << September 2019 >>
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recent trackback
                        recommend
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM
                        JUGEMのブログカスタマイズ講座